交通事故の慰謝料の相場や基準について

交通事故に遭ったときに請求することが可能なものとして慰謝料がありますが、請求を行う金額には一定の相場があります。
請求する金額としてはルールがあるわけではありませんので、自由な請求が可能となるために大きな金額の請求を行うこともできるわけですが、その場合には話し合いが進展しないことも十分に考えられます。



交渉では交通事故の被害者と加害者がお互いに話し合いを行うことで、慰謝料を決める必要があります。



慰謝料を算出する上での基準として用いられているものに、自賠責保険基準と任意保険基準、裁判基準というものがあります。金額として考えたときに少額なものが自賠責保険基準で、請求額が最も大きくなるのが裁判基準になると言えます。



加害者側の交渉を行う者は保険会社の担当者となりますが、多くの場合で自賠責保険基準で交渉を行います。



一方で被害者側が弁護士などの専門家に交渉について依頼を行ったときには、弁護士は裁判基準を用いて交渉することになります。



自賠責保険では、損害の慰謝料については1日あたり4200円とあらかじめ決められています。

治療期間と実治療日数を2倍にしたものとのどちらか少ない方に4200をかけることで計算を行ない、補償される上限金額として傷害のときには120万円までとなっています。

任意保険会社が提示してくる金額が不満なときや、詳細な内容について精査してほしいときには弁護士に相談することが良いと言えます。



近年では、初回の相談を無料で受けられる交通事故問題を取り扱っている法律事務所が増加していますので、気になる点があるときには法律事務所の無料相談を活用してみることがおすすめとなります。

関連リンク

  • 交通事故に遭ったときに請求することが可能なものとして慰謝料がありますが、請求を行う金額には一定の相場があります。請求する金額としてはルールがあるわけではありませんので、自由な請求が可能となるために大きな金額の請求を行うこともできるわけですが、その場合には話し合いが進展しないことも十分に考えられます。...

  • 保険会社に対して交通事故の加害者が何らかの権利を請求するときには、どのような手段が存在するのでしょうか。一般的に、被害者が保険会社に対して請求することが可能な手段は二つあります。...