交通事故には慰謝料がある

交通事故を起こしたとき、或いは起こされたときには、慰謝料がありますから、それは覚えておくとよいです。



貰う側か、或いは支払う側か、ということによっても違ってくるわけですが、とにかく話し合いをするのです。



そうすることによって、慰謝料の額を決められるようになります。



ちなみに相場があるのですが、その通りになるのか、というとそうでもないのです。

いくらでも交渉の余地がありますし、また、過失割合に対する話し合いから始める場合は、確実といって良いくらい揉めます。
ですから、出来れば弁護士に相談したりしておくべきなのです。



少なくとも一個人で交渉に臨む、ということは避けたほうが良いに決まっていますから、まずはしっかりとそれを認識するべきです。


保険屋での話し合いで済むのであれば、丸投げしてしまうとよいです。
交通事故でこちらの過失があまりにも多すぎる場合は、どうしても慰謝料が相当な金額になりますから、それなりに覚悟しておくべきになりますが、それでも保険に加入しておけば、それで支払いができます。



相手に怪我をさせてしまうのはよくあるのですが、死亡させてしまうとどうしても刑事事件になる可能性があります。

それを避けるために相手からの条件を飲み、そして、罪を軽減させることが重要になってきます。


但し、交通事故で死亡させても、相手のほうが悪いときもありますから、そうしたときにもまた、示談交渉次第で裁判でも実景になるかどうかが決まったりします。



関連リンク